トップ > 脱毛の基礎知識 > 脱毛の方法にはどんな種類がある?

脱毛の方法にはどんな種類がある?

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行っている脱毛にはいくつもの種類があります。 どんな種類があるかというと、光脱毛、レーザー脱毛、電気脱毛、ワックス脱毛、ハイパースキン脱毛、スーパーヘアリムーバル脱毛等です。他にも沢山ありますが、現在日本で比較的簡単に受けられるのがこれらの脱毛法になります。

最も人気が高いのは光脱毛です。フラッシュ脱毛とも呼ばれます。 光脱毛は脱毛サロン(エステサロン)で行っています。 痛みもほとんどなく、料金が安いことからとても人気があります。 どの程度の痛みかというと、パチンと輪ゴムをはじく程度と表現されます。 実際は冷却ジェルを塗ったり、冷却装置で冷やしてから光を照射するので、痛みはほとんど感じません。 ただVIOのような敏感な部分は痛いと感じる方も多いです。

次に人気なのはレーザー脱毛です。 レーザー脱毛は医療機関で行っています。そのため、医療レーザー脱毛とも呼ばれます。 光脱毛よりも強い光を照射するので、通常のエステではレーザー脱毛を扱うことができません。 出力が強いので痛みが強いですが、光脱毛よりも効果を感じるまでの期間が短くなります。 痛みの感じ方は個人差がありますが、中には我慢できない人もいるようです。 クリニックによっては麻酔(笑気麻酔)を使って、痛みを感じないようにしてから施術をするところもあります。 レーザー脱毛したいけど痛いのは嫌だなという方は、そのような麻酔を使うクリニックを検討してはどうでしょうか。

美容電気脱毛は毛穴に電気を流すことで脱毛する方法です。 ニードル脱毛とも呼ばれますが、針を刺すのではありません。 プローブというものを毛穴にそえて電気を流すことで脱毛します。 脱毛時に痛みがありますが、これは針を刺すからではなく、電気を流したことによる痛みです。 痛みの感じ方はレーザー脱毛と同程度の痛みのようです。 人によってはレーザーの方が痛いとか、電気のほうが痛いという場合があるので、これも個人差によります。 一本ずつ毛穴を処理していくためとても時間がかかりますし、料金も高額になります。 しかし効果は非常に高く、処理したその日のうちにむだ毛が無くなります。 毛が再生されることもほぼ無いようです。 美容電気脱毛を行っているところは少ないですが、大手のエステティックTBCで行っています。 TBCのホームを見ると、美容電気脱毛をしてから25年以上経過しても無駄毛が再生されていないデータが公開されています。

ワックス脱毛は粘着力のあるワックスを塗ってその上から布を貼り付けます。 そしてその布を引き剥がすことで毛を抜きます。 ただ引っ張っているようなものなので、当然痛みがありますし、時間が立つとまた無駄毛が生えてきます。

ハイパースキン脱毛というのは、光脱毛よりも痛みが少なくほぼゼロの脱毛法です。 光脱毛では毛周期の成長期の毛根に強い光を当てて脱毛しますが、ハイパースキン法では毛周期に関係なく脱毛することが可能です。 肌へのダメージが少ないため、敏感肌の人や3歳以上のお子さんでも脱毛ができます。 敏感肌などが原因で他のエステで光脱毛が出来なかったという方におすすめです。 スーパーヘアリムーバル(SHR)脱毛も同じような感じで、光脱毛よりも弱い光を用いることで、毛包に作用し脱毛します。

脱毛ができるエステには、脱毛専門のサロンと、総合サロンがあります。 脱毛専門サロンは、脱毛しか行っていないエステです。 総合サロンでは脱毛以外に痩身やフェイシャル、肌ケア、ニキビケアなど様々なケアを行っています。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックで行っている脱毛にはいくつもの種類があります。 どんな種類があるかというと、光脱毛、レーザー脱毛、電気脱毛、ワックス脱毛、ハイパ